社会福祉法人 わかば福祉会 わかば園作業所

  1. ホーム
  2. 企業別商品
  3. 社会福祉法人 わかば福祉会 わかば園作業所

わかば園作業所は、知的障害者の就労する福祉施設として、平成7年に開所しました。

その就労の一環として、平成21年度から地元太地町の海で育った「天然ひじき」を使い加工して商品化しました。

現在は地元スーパーはじめ、市内の学校給食や施設と幅広く扱っかてもらっています。又県外にも少しずつ販路が出来てきました。

利用者さんの意向を尊重しながら「生活」「就労」を通じて、一人ひとりの豊かな、発達と自立を地域社会において目指しています。

乾燥ひじき(芽長) (おてがるひじき)

乾燥ひじき(芽長) (おてがるひじき)

芽ひじきはシャキシャキとした歯ごたえと身が締まっていて煮崩れしにくいのが特徴です。
長ひじきは煮物にすると「ふっくら、モッチリ」して食べごたえがあります。
おてがるひじきはレシピが袋に印刷されており調理方法を知らない方でも簡単に作れます。

ひじきの佃煮 ひじきご飯の素

ひじきの佃煮  ひじきご飯の素

ひじきの佃煮は瓶を開けてすぐ食べれます。
ほんのりゆずの香りが特徴です。お酒の肴にもピッタリです。
ごはんの素は2合お米に混ぜて炊飯するだけで簡単で美味しい栄養満点なひじきご飯が出来上がります。爽やかなゆずの香りが特徴です。
美味しさを凝縮した太地町のひじきと、森林豊かな古座川のゆずが一緒になった商品です。